ビタミン・ミネラルの重要性について解説!

ビタミン・ミネラルの重要性について解説!

「健康を保つためにはビタミンやミネラルが大切」というのは昔から言われていることですが、実際ビタミンやミネラルがどんな働きをするのか?何故健康維持に必要なのか?今いち分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、健康維持におけるビタミン・ミネラルの重要性についてご紹介していきたいと思います。

ビタミンやミネラルの働きを熟知することで、より健康への意識が高まり食生活の改善などが期待出来ます。是非最後まで読んでみてください。

 

ビタミン・ミネラルの摂取が大切な理由とは?

まずは早速、ビタミン・ミネラルが健康において重要な理由について解説していきます。

1:身体の構成や機能の調整を行う

ビタミンやミネラルというのは、摂取したからと言っても私達人間の体を動かす直接的なエネルギーにはなりません。

しかし、その代わり体を構成するための材料になったり、エネルギー代謝などの身体機能を正常に働かせるための調整などを行うという効果があります。

ビタミンやミネラルは必要な量自体はわずかではありますが、不足してしまうと欠乏症によって身体機能に障害が出てしまう可能性があるので注意が必要です。

また、逆に過剰に摂取してしまっても中毒症状が出てしまう危険性があるので、あくまでバランスの良い食生活を送って適度に摂取するのが大事です。

2:人間の体内で合成することが出来ないものがある

ビタミンやミネラルは身体を構成したり、身体機能の調整を行うという重要な働きがあります。

そして、困ったことにこのビタミンやミネラルというのは基本的に人間の体内で合成することが出来ません。つまり、食事などによって外から摂取して補うしかないのです。

体の機能を正常に働かせ続けるためにも、ビタミンやミネラルの補給は必須と言えるでしょう。

 

主なビタミン・ミネラルの働きとは?

一概にビタミン・ミネラルと言っても、それぞれどのような働きや特徴があるのかというのは違ってきます。

次は、主なビタミン・ミネラルの働きについてご紹介していきたいと思います。

1:ビタミンC

まず最初にご紹介するのはビタミンCです。

ビタミンCは抗酸化作用があると共に、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。

加えて、体内でのコラーゲンの生成を助ける働きもあるので、健康面だけではなく美容面でも重要なビタミンです。

ビタミンCが多く含まれている食材としては

・パプリカ

・ブロッコリー

・パイナップル

・じゃがいも

などが挙げられます。

2:ビタミンA

次はビタミンAについてご紹介します。

ビタミンAは網膜の光への反応を補助したり、免疫機能を維持する、体の成長を促進するなどの働きがあります。

また、血行を良くする働きもあり、様々な分野で活躍してくれるビタミンです。

ビタミンAを豊富に含む食材としては

・レバー

・うなぎ

・卵

などがあります。

3:ビタミンE

ビタミンEは水ではなく油に溶ける脂溶性ビタミンの1種です。

ビタミンEは抗酸化作用によって体内の酸化を防いでくれるため、健康維持だけではなく体の老化防止にも役立つビタミンです。

ビタミンEが豊富に含まれる食材としては

・ナッツ類

・モロヘイヤ

・かぼちゃ

・しそ

などがあります。

4:鉄分

鉄分はミネラルの1つで、ヘモグロビンを生成する上で欠かせない栄養素の1つです。

ヘモグロビンは血流に乗って全身に酸素を供給してくれる働きがあります。このヘモグロビンが足りなくなってしまうと酸素の供給が上手くいかず貧血の症状が出てしまうので、生命維持をする上で非常に重要な役割を担っていると言っていいでしょう。

鉄分が豊富に含まれている食材としては

・レバー

・煮干し

・赤貝

・しじみ

などがあります。

5:亜鉛

亜鉛は200種類以上もの酵素の構成や反応活性化に関与している非常に重要なミネラルの1つです。

また、免疫力の調整や体の成長の維持にも必要なので、私達にとって欠かせない栄養素と言えます。

亜鉛を多く含む食品としては

・レバー

・牡蠣

・海苔

・かぼちゃ

などがあります。

6:カルシウム

骨の材料となることで有名なカルシウムもミネラルの内の1つです。

カルシウムは骨の成長などに役立つだけではなく、ホルモンの放出や血液の凝固、筋肉の収縮など様々な面で活躍しています。

カルシウムを多く含む食材としては

・乳製品

・煮干し

・えんどう豆

・塩昆布

などがあります。

7:カリウム

最後にご紹介するのはミネラルの1つであるカリウムです。

カリウムは塩分の排出を促す働きがあり、高血圧の予防・改善に効果があります。

また、筋肉の収縮や神経の伝達など、私達人間の生命活動において重要な部分にも関与しているミネラルなのも特徴です。

カリウムを多く含む食材としては

・切り干し大根

・バナナ

・ひじき

・アボガド

などがあります。

 

最後に

以上、”ビタミン・ミネラルの重要性について解説!”でした!

意外と知らないビタミンやミネラルの働きですが、実はどれも私達の健康維持に必要不可欠なものばかりです。健やかな毎日を過ごすには、偏食をやめて様々な食材をバランス良く食べ、ビタミンやミネラルを摂取していくことが重要です。

あなたも是非、ビタミンやミネラルを意識した食生活を送ってみてください。

最後まで見ていただきありがとうございました!

========================================

カロリートレードナガクテは現在、

無料カウンセリング・無料パーソナルトレーニング体験を行なっております!

「ダイエットに悩んでいるけどどうすればいいかわからない・・・」
「独学でダイエットに挑戦しているけど、失敗ばかり」
「テレワークで体脂肪が増えてきた」

この様な悩みにパーソナルトレーナーが持つトレーニングと食事の専門的知識から
あなたのダイエットの悩みに対して解決方法を提示し、最適なプランをご提案させて頂きます。

今なら¥5000→¥0円でカウンセリング体験可能です。

無料カウンセリング・体験はコチラから!

========================================

長久手市の

パーソナルトレーナー

祖父江 誠

ダイエット成功の鍵は自律神経を整えること?

ダイエット成功の鍵は自律神経を整えること?

ダイエットを頑張って辛い食事制限を行っているのに、ある日突然食欲を抑えきれずにドカ食いをしてしまい、自己嫌悪に陥ったという経験はないですか?

 

真面目な方なら、「自分の意思が弱いから…」と落ち込んでしまいがちですが、それは大きな間違いなのです。

 

それは、自律神経が乱れていることが原因であり、自律神経を整えることによって、ダイエットを成功させやすくすることができるのです。

 

今回は、ダイエット成功のカギとなる自律神経の整え方について、ご説明していきたいと思います。

 

 

自律神経とは

 

人間の神経には、自分の意思でコントロールできる「体性神経」と、自分ではコントロールできない「自律神経」の2種類があります。

 

自分でコントロールできない「自律神経」は、おもに生命を維持するために重要な調節を行っていて、「消化」「体温調節」「代謝」などのダイエットに重要な役割を担っています。

 

さらに、自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」で成り立っています。

 

車で言うと「交感神経」が「アクセル」、「副交感神経」が「ブレーキ」のような役割を果たしていて、身体を活発に動かすときには「交感神経」が優位な状態になっています。

 

自律神経が乱れた状態とは

 

自律神経が乱れた状態とは、交感神経と副交感神経のどちらかが、過度に優位になってしまったり、どちらかだけが常に優位になってしまったりする状態のことです。

 

交感神経が優位になっている状態だと、筋肉が収縮した状態となり肩こりや頭痛になったり、内臓の筋肉を緩ませる作用により便秘や食欲不振になったりすることもあります。

 

また、副交感神経が優位になっている状態だと、血圧が上がりづらくなるため朝に起床することが難しくなったり、やる気が低下したりします。

 

 

ダイエットと自律神経との関係

自律神経は「心臓や内臓の働き」「ホルモン分泌」などの体にとって重要な機能を調整していますが、意識してコントロールすることができません。

 

「心臓の拍動を増やす」や「消化を促進する」といった働きは、意識してコントロールできるものではなく、少しでも乱れると体に悪影響を及ぼします。

 

ダイエットに成功するためには摂取カロリーと消費カロリーのバランスが重要になりますが、単純に消費カロリーを減らすことだけでは脂肪の蓄積を減らすことができません。

 

これは、体に蓄積する脂肪をコントロールしているのはカロリーではなく「ホルモン」であり、ホルモンが余剰となったカロリー分が脂肪として貯蔵されると考えられているのです。

 

そして、ホルモンの分泌を調整しているのが自律神経となるので、自律神経が乱れるとホルモンの調整が上手くいかなくなり、ホルモンの働きが悪くなります。

自立神経の整え方

 

自律神経を整えるためには、ストレスと上手に付き合う必要があります。

 

食生活を改善してストレスに強い身体をつくったり、アロマを楽しんだりしてリラックスする時間を意識的に作ったりすることもストレス解消に効果的です。

 

さらに、睡眠時間をしっかりとって規則正しい生活をすることでも、自律神経の乱れを防ぐことができ、そのためには運動が必要になります。

 

適度な運動をすることで精神の安定や睡眠に深く関わっているセロトニンが分泌されますが、さらに快感や多幸感を得ることができるドーパミンの分泌も促進されます。

 

ストレス解消には有酸素運動が効果的なことは広く知られていますが、海外の研究では無酸素運動にも効果があるということが分かってきました。

 

身体に筋力をつける筋トレには、疲れにくい身体を作るというメリットもあり、日々の活動を活発にできるようにしてくれます。

 

この場合の筋トレは「心地よい疲れ」を誘って自律神経を整えることが目的なので、あまり無理をしない内容の筋トレを行うようにしましょう。

 

自律神経が乱れている場合に無理な筋トレを行うと、余計に自律神経のバランスを崩してしまうこともあるので、痛みが出るほど頑張りすぎるのは避けてください。

 

さらに、良い睡眠をとるためには、寝る1時間前には副交感神経を優位にしておくことが必要になるので、筋トレは寝る1時間前よりも前に済ませておくことようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、「ダイエットと自律神経の関係」について、現役トレーナーが解説してきましたが、いかがだったでしょうか!?

 

ストレスが溜まりやすい現代的な働き方は、どうしても交感神経が過度に優位になってしまい、自律神経が乱れやすくなります。

 

自律神経のバランスが乱れているときには、なかなか筋トレをしようという気持ちにはならないでしょうが、無理のない筋トレでOKと思えば気持ちも楽になりますよね。

 

このブログで紹介した「自立神経の整え方」を参考にして、自分自身の心と身体を上手にコントロールして、ストレスや罪悪感なくダイエットを成功させましょう。

 

本日の内容の方是非参考にして下さい、

最後までご覧いただきありがとうございました。

========================================

カロリートレードナガクテは現在、

無料カウンセリング・無料パーソナルトレーニング体験を行なっております!

「ダイエットに悩んでいるけどどうすればいいかわからない・・・」
「独学でダイエットに挑戦しているけど、失敗ばかり」
「テレワークで体脂肪が増えてきた」

この様な悩みにパーソナルトレーナーが持つトレーニングと食事の専門的知識から
あなたのダイエットの悩みに対して解決方法を提示し、最適なプランをご提案させて頂きます。

今なら¥5000→¥0円でカウンセリング体験可能です。

無料カウンセリング・体験はコチラから!

========================================

長久手市の

パーソナルトレーナー

祖父江 誠