体験予約 LINE予約

blog
ブログ

BCAAをトレーニング中に飲む理由

 

BCAAをトレーニング中に飲む理由

最近、「運動パフォーマンスを向上させる」と、BCAAが話題になっています。

スポーツドリンクや栄養補助食品に含まれていることも多くなってきていて、パッケージなどに表記されている文字を、目にしたことがある人も多いのかもしれません。

そして、このBCAAですが、効果とともに、その摂取のタイミングが話題にもなっています。

今回は、BCAAの基本から、BCAAをトレーニング中に飲む理由まで解説していきたいと思います。

 

BCAAとは

BCAA(Branched-Chain Amino Acids:分岐鎖アミノ酸)とは、バリン、ロイシン、そしてイソロイシンの3つの必須アミノ酸の総称です。

タンパク質を構成するアミノ酸のうち、その動物の体内で充分な量を合成できず、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のことを、「必須アミノ酸」といいます。

必須アミノ酸は、人体にとって必要不可欠なものであるにも関わらず、体内で合成できないため、食事によって摂取する必要があります。

9種類の必須アミノ酸のうち、BCAA以外は主に肝臓で代謝されるのに対して、BCAAは主に骨格筋で直接代謝されます。

このため、BCAAは骨格筋において、非常に重要なアミノ酸であるといえるのです。

 

BCAAの作用

BCAAは単に体タンパク質を構成する材料となるだけでなく、トレーニングに有益な効果をもたらす作用があることが知られています。

運動時のエネルギー源

BCAAには、高いエネルギー生成効果があります。

運動をするために必要とされるのが、糖分と脂質とアミノ酸です。

BCAAはアミノ酸として、運動をするときのエネルギー源に利用されます。

また、脂肪をエネルギー源として使用するときに、スムーズに脂肪を燃焼させる働きもあります。

筋タンパク質合成の促進

BCAAの中でも、特にロイシンが、筋タンパク質合成の促進に重要な役割を果たしています。

ロイシンは、筋タンパク質合成に関わる分子の活性化を促進させる作用を持つため、ロイシンの血中濃度が高くなると、筋タンパク質合成を促進します。

BCAA自体も、筋肥大を刺激して筋肉をつけさせる因子として、重要な役割を持っていると言えます。

集中力の維持

長い時間、運動をすると脂質がエネルギー源として利用され、その時、脂肪酸が血中のアルブミンというタンパク質と結合します。

脂肪酸が血中のアルブミンと結合することで、通常はアルブミンと結合しているトリプトファンが分離して、脳内に移行します。

脳内に取り込まれたトリプトファンがセロトニンに変換されることで、精神的な疲労を引き起こします。

BCAAは、このトリプトファンの脳内への移行を阻害する働きを持っているので、運動中の精神的な疲労を軽減させることができ、集中力を維持させることができるのです。

 

BCAAをトレーニング中に飲む理由

このようにトレーニングにとって有益な作用をたくさん持っているBCAAですが、摂取の仕方には注意が必要です。

BCAAを効果的に利用するためには、BCAA濃度を確実に増大させる量を摂取することが重要になります。

さらに、自らの筋肉内に存在するBCAAを消費させないためにも、BCAAをこまめに摂取することが必要にもなるのです。

BCAAを摂取すると、血液を介して筋肉などへBCAAが供給されます。

トレーニング前にBCAAを摂取することで、体内のBCAAの濃度を高めてあげることができます。

しかし、トレーニング中、絶えず身体はエネルギーを消費しています。

トレーニング中に、常にBCAAを摂取することで、体内のBCAAの濃度を高い状態に保つことができ、効果を最大限に得ることができます。

ある実験の結果から、摂取後の血中BCAA濃度は30分後にピークを示し、その後は低下し続けるということが分かっています。

このピークを常に保つためにも、トレーニング中にもBCAAを飲むことが必要になってくるのです。

 

効果的な摂取量とは

運動時はBCAAの要求量が高まるために、運動30分前~運動中に、BCAAを2,000mg以上摂取することが、BCAAを効率よく作用させる為には重要であるといわれています。

BCAAは動物性タンパク質に多く含まれているので、食品から摂取することができます。

・BCAAを2,000mg摂取するために必要な食品と量

牛肉 (70g)

マグロの赤身 (40g)

鶏卵 (2個)

牛乳 (コップ2杯)

これらの食品を、運動中に摂取することは難しいですよね。

そのため、運動中のBCAA補給には、サプリメントやBCAAを含む飲料による摂取がおすすめです。

 

まとめ

今回は、BCAAをトレーニング中に飲む理由について、現役トレーナーが解説してきましたが、いかがだったでしょうか!?

ただし、BCAAばかりをたくさん摂るのではなく、必須アミノ酸はバランス良く摂ることが推奨されています。

トレーニングで効果を実感したい場合には、BCAAが多く含まれているプロテインパウダーやタブレットを上手に活用しましょう。

さらに、食事では良質なタンパク質を含む食品を積極的に摂ることを心がけましょう。

このブログで紹介した内容を参考に、トレーニングにBCAAを上手に取り入れ、理想のボディを手に入れましょう。

 

本日の内容の方是非参考にして下さい、

最後までご覧いただきありがとうございました。

========================================

カロリートレードナガクテは現在、

無料カウンセリング・無料パーソナルトレーニング体験を行なっております!

「ダイエットに悩んでいるけどどうすればいいかわからない・・・」
「独学でダイエットに挑戦しているけど、失敗ばかり」
「テレワークで体脂肪が増えてきた」

この様な悩みにパーソナルトレーナーが持つトレーニングと食事の専門的知識から
あなたのダイエットの悩みに対して解決方法を提示し、最適なプランをご提案させて頂きます。

今なら¥5000→¥0円でカウンセリング体験可能です。

無料カウンセリング・体験はコチラから!

========================================

長久手市の

パーソナルトレーナー

祖父江 誠

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。