体験予約 LINE予約

blog
ブログ

トレーニングは週一回でも大丈夫!少ない頻度で効果的なトレーニングをする方法

トレーニングは週一回でも大丈夫!少ない頻度で効果的なトレーニングをする方法

本日は「少ない頻度のトレーニングでも効果を出していく方法」について説明していきたいと思います。

何度もこのコラムでもお話しさせておりますが、トレーニングやダイエットは継続が一番大事になります。

ですが頻度が高いと継続は非常に難しくなってしまいます。

そのため大体週2回程度あると一般の方のトレーニング頻度としては理想的と言えますが

忙しい現代社会人はそのようにはいきません。

どうしてもトレーニングに割ける時間がなく週1回が限界という方もいると思います。

そんな週一回しかトレーニング時間が取れない方の為に、

本日は週1回のトレーニングでも成果が出るトレーニングのポイントをお話ししていきたいと思います。

是非最後までご覧になって日々のトレーニングの参考にしてください。

一度のトレーニングで全身を鍛える

週一回しかトレーニングできない中で、その一回のトレーニングで全身くまなく鍛えることが

効果を出すトレーニングのポイントです。

筋肉トレーニングの大原則の一つで「全面性の法則」と呼ばれるものがあります。

この全面性の法則とは、筋肉トレーニングにおいて全身くまなくトレーニングすることにおいて

偏りがなくバランスの良い体を作ることができるという、トレーニングメニューを組むときの基本セオリーです。

これに倣って週一回の低頻度のトレーニングの際でも全身をトレーニングすることが

トレーニングで効果を出す秘訣です。

多関節種目を中心にメニューを組む

ですが1回のトレーニング時間で全身の種目をくまなく行うことは非常に大変です。

またそれだけ数多くの種目をこなさなければならないので、後半のトレーニングは疲労により集中力が切れた状態になること必至です。

集中力の切れた状態で行うトレーニングほど無駄なことはありません。

その為

・全身を隈なくトレーニングする
・なるべく種目数は少なく

この2つを達成する必要があります。

その為に取り入れる種目がこの章のタイトルにもある

「多関節種目」です。

多関節種目はベンチプレスやスクワットなど一度の運動で複数の関節を動かすことができる種目のことを言います。

複数の関節を動かすので、その関節に付着している筋肉も数多く動員します。

運動には一つの関節しか動かせない「単関節種目」と

複数の関節を動かすことのできる「多関節種目」に分けられます。

トレーニングメニューを多関節種目中心で組むことにより

一度のトレーニング種目で多くの筋肉を稼働させることができます

それにより少ないトレーニング時間でもより多くの部位の筋肉を鍛えることになり

先ほどの章の「全面性の法則」も達成することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

週一回のトレーニングでも効果を出す秘訣は

「多関節種目で全身トレーニングできるようにメニューを組む」

ということになります。

これによりトレーニングで効果を出す為に大事な法則の一つである

「全面性の法則」がクリアできトレーニングが効果的になります。

是非みなさんもこの全面性の法則が達成できているか見直してみてください!

以上、CALORIE TRADE NAGAKUTEの祖父江誠がお送りしました。

もし、この記事を読まれているあなたが身体でお困りの際は、ご自宅や職場付近のパーソナルトレーニングジムCALORIE TRADE JAPANにお問い合わせください、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

無料カウンセリング、ワンコイン体験実施しておりますのでご興味ありましたら是非メールでもお電話でもお問い合わせください🤗

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!


 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
長久手市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

長久手市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

長久手市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。