【根菜類はNG?】ダイエット中に食べて良い野菜は〇〇!

【根菜類はNG?】ダイエット中に食べて良い野菜は〇〇!

本日はダイエット中に食べて良い野菜についてご説明していきます。

ダイエット中のでも摂取して良い食材として代表的なのが「野菜」です。

一般的にはカロリーが低く健康的なイメージがありますが

実際には賛否両論で根菜類などは糖質が多い為摂取は控えた方が良いとされているものもあります。

もちろん個人的な特性によって良い悪いは変わってきますが、

本日は一般的な傾向に基づきダイエット中の野菜について、実例を踏まえながら説明していきたいと思います。

それではやっていきましょう!

根菜類はNG!?

まずは良くないとされる「根菜類」から論じていきます。

結論から言えば根菜類はOKです。

根菜類はよく言われるように、糖質量が野菜の中では比較的多い食品となりますが

全体的なカロリーは低く、その割に食べ応えや満腹感が高く

ダイエット中でもオススメできる食品です。

よく勘違いされますが体脂肪がつく原因は

「糖質」ではなく「カロリー」です。

従ってカロリーが低いのであれば糖質量が高くとも1日の基準カロリーを超えない幅なら摂取は全然OKです。

ですが、もちろん葉の物と比較するとカロリーは高いので、度を超えての食べ過ぎはNGです。

またマヨネーズやドレッシングなどの調味料も使用量を間違えると

自分が考えている予想以上にカロリーを摂取してしまう結果になりますので

使用する調味料にも注意しなければなりません。

葉の物はOK!?

続いて葉の物はいかがでしょうか?

これも結論OKです。

葉の物はダイエット中は積極的に摂取してほしい食品になります。

理由としてまず繊維質の為、食べ応えがあり一見した時の質量も大きいものになります。

それでいて非常に低カロリーです。

一言で言えば

「たくさん食べれて、カロリーが低い」

これに尽きます。

ですが注意点として野菜はたんぱく質量が低いです。

筋肉の育成・維持に必要なたんぱく質量が低いので

野菜だけの摂取でダイエットを進めていると筋肉量がたんぱく質量の不足によって低下し

それに相関する形で基礎代謝も減少してしまいます。

その為、野菜は食事量を増加させるための手段として使用し

筋肉の維持に重要なたんぱく質量の摂取が必要なことを留意・意識しておきましょう

まとめ

いかがだったでしょうか?

本来ダイエットに食べていけないような食材はありません。

全体のカロリーを見た状態で、それをオーバーしない形での摂取なら

チョコでもお菓子でも食べて構いません(現実的にはオーバーしがちにあるので頻度は少なめになりますが・・・)

食欲もカロリーもコントロールする意識して、無理せずダイエットを進めていきましょう!

以上、CALORIE TRADE NAGAKUTEの祖父江誠がお送りしました。

もし、この記事を読まれているあなたが身体でお困りの際は、ご自宅や職場付近のパーソナルトレーニングジムCALORIE TRADE JAPANにお問い合わせください、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

無料カウンセリング、ワンコイン体験実施しておりますのでご興味ありましたら是非メールでもお電話でもお問い合わせください🤗

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!


 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
長久手市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

長久手市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

長久手市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です