あなたはどちらを選びますか?ダイエットとボディメイクの違いについて

皆さん、こんにちは!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルトレーニングジム
CALORIE TRADE NAGAKUTEの代表を務めます祖父江誠(そぶえ まこと)です。

あなたはどちらを選びますか?ダイエットとボディメイクの違いについて

みなさんはボディメイクという言葉を聞いたことはありますか?

ダイエットとボディメイク、どちらも美しい身体になるためのものですが、実は目的は全然違うんです。

あなたに合っているのはダイエット?

それともボディメイク?

今回の記事ではダイエットとボディメイク、それぞれの目的や特徴をわかりやすく伝えていきたいと思います。

ぜひ最後まで見ていただき、参考にしてみてください。

ダイエットとは?

ダイエットとは運動やストレッチをしたり食事の制限や半身浴など方法は様々ですが「体重を減らす」ことが目的です。

ダイエットが成功すると全体的に痩身しますが、基本的にボディバランスは変わりません。

減量するのが目的なので、「マイナス○kg」といった形で目標を立てる場合が多いです。

ボディメイクとは?

ボディメイクとは文字通り「理想の体を作る」ことです。

それならダイエットと似たようなものじゃないの?と思うかもしれませんが、ボディメイクは「体重を減らす」ことではなく、理想のスタイルに近づくことが目的です。

トレーニングによって体を引き締めたり、部分的に筋肉を付けて体のラインを調整することもあります。

代謝を上げて太りにくく痩せやすくなるため、リバウンドも起こりにくいです。

また、二の腕や脚等、気になる部位を重点的に鍛えることで、ダイエットでは難しい「部分痩せ」にも効果が期待できるでしょう。

ボディメイクでは食事や生活習慣・運動等、ダイエットよりも厳密に体の管理をします。

そのため個人に合わせて専門的に指導してくれるパーソナルジムで行う人が多いです。

痩身だけでなく、どんな体になりたいのか?

より具体的になりたいイメージに近づくのがボディメイクです。

ダイエットで必要なこと

①食事制限

糖質制限等のダイエットを行った場合、個人差はありますが変化があるのは1〜2週間程度経ってからといわれています。

普段の食事量や体質によって変動するため、即効果があるわけではありません。

食事制限のダイエットをした時に勘違いしやすいのが「体重が減る=脂肪が落ちた」と考えてしまうことです。

甘いものや食べたいものを我慢している時に体重が減るのは嬉しいですよね。

しかし短期的な減量では脂肪自体にほとんど変化はないので注意が必要です。

食事を制限する時でも栄養バランスをしっかりと考えながら、タンパク質や水分を摂取することが大事です。

脂肪も落としたい場合は焦らず長期的な視点を持ちましょう。

②ウォーキング

ウォーキングのダイエットを行った場合、毎日行っている人で2週間〜3ヶ月程度で変化を感じるといわれてます。

筋肉量が多いか少ないかで基礎代謝量が変わってくるので、すぐに痩せる人もいれば痩せるのに時間がかかる人もいます。

ただ、時間がかかる場合でも3ヶ月継続すれば効果を実感する方も多いです。

適度なウォーキングはストレス解消にもつながりますので、ダイエット以外にも効果が期待できます。

③筋トレ

筋トレでダイエットを行った場合、引き締まったり腹筋が割れたりするまでには約2ヶ月といわれています。

これは目に見える変化を実感できるまでにかかる時間で、体の内側の変化は1ヶ月程度で現れはじめ、体重も同時期に減り始めます。

体への負担も大きいため、食事制限と同じくバランスのいい食事を心がけてください。

ダイエットの注意点

ダイエットは、食事制限をするだけで手軽にできますが、健康を軽視しがちになります。

運動をせずに食事のみで痩せる方法は、短期で成果がでやすいですがリバウンドしやすい傾向にあります。

適度な運動と栄養のバランスを考えて長期的に無理ない計画を立てましょう。

ボディメイクで必要なこと

ボディメイクは効果を実感するまでに、最低でも3ヶ月は継続した方がいいと考えられています。

ダイエットとは異なり、ボディメイクは体を作り変えるのが目的になりますので、体作りの習慣を作ることが大事になります。

そのため食事やトレーニング・生活習慣を見直す場合があります。

行動を習慣化するには2〜3ヶ月間かかるといわれています。

整えられた行動の習慣が「理想の体」へ連れて行ってくれるわけですね。

習慣化や効果を実感するまで、少なくとも3ヶ月は必要な期間として考えた方がいいでしょう。

ボディメイクの注意点

自己流でトレーニングを行うと、誤ったフォームや負荷のかけ方をしてしまいがちです。

間違ったトレーニングでは効果も半減ですし、筋肉を痛めてしまったり、最悪怪我をする可能性があります。

個人で行う場合は十分に気をつけてください。

できることならパーソナルジムのような専門家に相談できる環境がオススメです。

最後に

ダイエットとボディメイクの違いについて記事でしたが、いかがでしたでしょうか。

健康的に理想の体型に近づくにはボディメイクが良いと思いますが、トレーニングや筋肉を付けることに抵抗がある人は、お手軽感のあるダイエットの方が合ってるかもしれませんね。

また、ボディメイクよりもダイエットの方が短期間で行うことができるので、すぐにコンプレックスを解消したい場合はダイエットに該当するかと思います。

無理なく自分に合ったやり方で理想の姿に近づきましょう。

最後までご覧いただき有難うございました。

以上、CALORIE TRADE NAGAKUTEの祖父江誠(そぶえ まこと)がお送りしました。

もし、この記事を読まれているあなたが身体でお困りの際は、ご自宅や職場付近のパーソナルトレーニングジムCALORIE TRADE JAPANにお問い合わせください、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

無料カウンセリング、ワンコイン体験実施しておりますのでご興味ありましたら是非メールでもお電話でもお問い合わせください🤗

YouTube始めました!!
最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!


 

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
長久手市で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

祖父江 誠
そぶえまこと

トータルセッション数

2,400回

今まで行ったパーソナル数。月150セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

長久手市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

長久手市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

関連記事一覧

  1. 手軽に続けられる、自宅で簡単白湯ダイエット!

  2. 【トレーニングでは治らない】肩コリと神経

  3. ダイエットにサプリメントは必要か?

  4. ダイエットに最適なキウイフルーツの素晴らしさ

  5. 酷暑を乗り越える夏バテ防止&疲労回復食材ベスト3

  6. 植物性タンパク質と動物性タンパク質の摂るべき割合は?その違いについても解説!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。