《消費カロリーが高い有酸素運動》縄跳びダイエットとは?

こんばんは!

ダイエット&ボディメイク専門パーソナルジムCALORIE TRADE NAGAKUTE
パーソナルトレーナー西山 将太(にしやま しょうた)です!

縄跳びダイエットとは?

本日は、縄跳びの話をしようと思います。

私は最近縄跳びを衝動買いしました。

僕が小学生の時使っていた縄跳びと全然違いました。ワイヤーで出来ていて、切れにくいらしいです。

僕は完全に見た目がカッコよかったので、ジャケ買いしました(笑)

トレーニングは週5ペースでやっているんですが、もう少し体脂肪率を落としたいので有酸素運動を取り入れたいなと思い縄跳びを購入いたしました。

走るのはあまり好きじゃないし、水泳も15メートルくらいしか泳げないしと色々悩んで辿りついたのが縄跳びですね。

縄跳びは家の前などで簡単に出来るのでジムなどに行く必要もなく手軽でオススメです。

今日はパーソナルジムのトレーナーが優秀な有酸素運動縄跳びのダイエット効果をご紹介していこうと思います。

縄跳びのダイエット効果

縄跳びは小学生以来やっていないって方がほとんどではないでしょうか?

昔は、「二重跳び」や「はやぶさ」を頑張ってやっていたなあとふと思い出しました。

しかし、久しぶりに縄跳びをやってみると意外とすぐに息が上がります。

縄跳びは、全身を使う有酸素運動になります。

消費カロリーは体重によって差がありますが、10分で50〜80程度と言われています。

軽いランニングが1時間で200kcal~300kcalと言われているので、縄跳びの方が消費カロリーが高いという事がわかりますね。

縄跳びは、有酸素運動の中でも消費カロリーが高い方になります。

そして縄跳びをやることによって、脚やお尻を引き締める事ができますので、「下半身痩せたいな」とお悩みの方はぜひ取り入れてみましょう。

縄跳びダイエットのポイント

① ウォーミングアップ&クールダウン

縄跳びは、膝や腰に結構負担がかかるので、必ずストレッチをしてから、始めるようにしましょう。

② コンクリートより、芝生などの柔らかいところがオススメ

さきほどの事と少し被りますが、膝や腰に負担がかかってしまうので、下が柔らかいところでやる事をオススメします。

そのような場所が無い場合は、クッション性が高い靴を履いてやるようにして、負担を減らしましょう。

③ 毎日やろう

有酸素運動は、最近の研究で始めてから10分後から効果が出てくるという事がわかっています。

なので、毎日そんな長い時間やりたくないって方は、1日10分でもいいので、毎日コツコツ続けていくようにしましょう。

最後に

本日は縄跳びについてご紹介しました。

縄跳びは100円ショップなどで、簡単に手に入りとても簡単に始められる有酸素運動になります。

継続が大事なので、1日10分でも大丈夫なので、毎日少しずつやるようにしましょう。

縄跳びによって下半身の筋肉を引き締め、美脚を目指して今日から始めてみてはいかがでしょうか?

以上、パーソナルジム CALORIE TRADE NAGAKUTEがお送りしました。

YouTube始めました!!最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録よろしくお願いします!

– この記事を書いた人 –

顧客満足度1位
長久手で最も選ばれる
パーソナルトレーナー

西山 将太
にしやましょうた

トータルセッション数

2,800回

今まで行ったパーソナル数。普通のトレーナーではありえない依頼、月200セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

200人

今まで担当させていただいたお客様の人数、緑区、瑞穂区店勤務時代合わせ約200人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

長久手市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/4位

長久手市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートぶっちぎりの1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

 

関連記事一覧

  1. ダイエット中に飲んではいけない飲み物と、ダイエット中におすすめの飲み物をご紹介!

  2. 消費カロリーが高い有酸素運動ランキングTOP5をご紹介!

  3. 体の水分量は若さの証!脱水症状を起こさない為の水分補給の秘訣をご紹介!

  4. ダイエット中に食べれるカップラーメンをご紹介!(2/2)

  5. 当たり前の事が実は体に良く無い?栄養編

  6. 場所を選ばず、器具もいらない、ドローイングを効果的に行うポイント4つご紹介!インナーマッスルを鍛えよう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。